« エコ生活 ベランダで堆肥作り | トップページ | ある私立高校で気功整体 »

2014年6月 9日 (月)

イタリアンもどきde トマトカレー

5_003

富山の旅行中、お世話になったKさんのお連れ合いに作ってもらったトマトカレーが
美味しかったので、 トマトが1個余っていたのを機に作ってみました。


八ヶ岳の別荘にお邪魔した時にもあっという間に美味しいマーボー豆腐を作って
もらい、ご馳走になったことが あります。
理科系の頭脳で作る料理の話がおもしろくて、タンパク質がどの位で変成すると
かって話が見事に味と繋がっている所にいつも感心してしまいます。

時々、レパートリーを広げるために料理の本を買っているとのことで、詳しい
タイトルは忘れましたが落合シェフとかだったような・・・
イタリアンの有名な方なのかもしれません。

本の中のレシピでした。

5_002作り方はいたって簡単。
Kさん宅では、にんにく、たまねぎ、豚肉、トマトでシンプルでしたが、私はしめじを加えました。

一人分を直径20センチ弱のフライパンで作ります。
いつまでも残り物を食べたくないので、1回のおかわりで済む量が目安です。

にんにく 2片
豚肉(細切れでよし) 50グラム 
たまねぎ 大なら半分小さいのは1個、しめじ 適当
トマト 1個以上好みで  
カレー粉 大1
塩、コショウ

フライパンを熱して、オリーブオイルを入れます。
みじん切りにしたにんにくを狐色になるまで炒めて、
豚肉とたまねぎ、しめじを加え、火が通ったら、ざく切りしたトマトを入れて炒めます。

このとき、火は強めがいいみたい。油で汚れるのが嫌で、つい火力を落としてしまう
のですが、材料に火を通すときは大胆に。
油汚れを気にしていたんじゃ、美味しいものは作れない!

仕上げにカレー粉を加えて、塩、コショウ。そして、コクを加えるのにモラレスを
ほんのちょっと加えました。好みでケチャップか砂糖を大匙1杯位入れてもいいかも。

モラレスは頂き物でどう使っていいのか分からなかったのですが、スープやカレー
に隠し味に使うとコクが出ていい感じ。

雑穀ご飯に頂き物のラッキョウ、トマトカレーにたっぷりのパルメザンチーズを
かけてボリューム満天。

トマトの量がもっと多い方がよかった気もしますが、時間をかけずにできる
イタリアンもどきのカレー。

野菜サラダ(たまねぎ、セロリ、りんご、サニーレタス)+
手作りドレッシング(塩麹、オリーブ油、蜂蜜、りんご酢)
美生柑(和製グレープフルーツ)のピール煮入りヨーグルト。

文旦のピール煮を頂いて、真似して美生柑で作ってみたけど、砂糖の量が足りな
かったみたいで頂いたような照りが出ず、イマイチ。自分が食べるだけだし、
チャレンジした事に意味があると慰め、胃袋に。

今日、一日がっつり食事した気分になりました。

 

|

« エコ生活 ベランダで堆肥作り | トップページ | ある私立高校で気功整体 »

ひとりごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコ生活 ベランダで堆肥作り | トップページ | ある私立高校で気功整体 »