« 鳥取県でWen-Do(ウエンドー) | トップページ | いきいきからだほぐしの会ご案内 »

2015年3月 7日 (土)

還暦を迎えて

今日は私の誕生日。無事に還暦を迎えることができました。

4月から始まる月に一度の気功整体のワークショップの会場予約に朝早く、でかけ、
11時からは個人の易講座、気功整体のお弟子さんが来るので、ちょっと仕事モードで
した。

10時半に帰宅した時に建物の通路で、クロネコの宅急便に出遭いました。
直感的に私への荷物だと思いました。注文した酒粕が来たのかなと思ったのですが、
荷物が大きすぎ。違うかなと思ういきや、「○○さんですね」と声をかけられ、やはり、
私への荷物でした。

届いたのはご覧のような誕生祝のお花です。

001

ゴージャスなバラ。
「世界で一番幸せになるばら」を育てているばら作家、國枝啓司という方の
『和ばら』。

箱を開いたときに漂ったなんともいえない麗しいバラの香り。
確かに幸せな気分になります。

002アンジェリーク・ロマンティカ、和ばらには「環 たまき」、
「つむぎ」の三種が活けられています。

 003
紫のスイトピーも初めて見ました。

薄いピンクの色と紫が混じるとちょうど私のオーラの色になります。
昔、オーラ写真というのを撮ってもらった
ことを思い出しました。

この花を贈ってくれた友人はばらを育てるのがとても上手。
私は、まったく、駄目。肥料は食うし、虫はつく、どれだけだめにしたかわかりません。
大雑把な性格は、バラ作りには向きません。

鉢物のバラはあきらめて、自分のためにバラの一輪でも買おうかと思って
いたのですが、易で占うと止めろと出るし、こういうことだったのですね。

望外の福です。

友人には感謝。

そして、まだ続きがありました。

005

今日来たお弟子さんからも、元気カラーのお花が届きました。

自分の誕生日を祝ってくれる人がいるのは嬉しいものです。ありがとう!

自分の前半の人生を振り返ってみると、3月頃不安定になる事が多く、気分よく誕生日を迎えることができたのはわずかな気がします。

それが、年を重ねる毎に楽になって、自分なりのバランスが取れるようになってきました。

成熟とは程遠いですが、自分という不安定な乗り物も経験を積めばそれなりに、慣れてくるってことでしょうか。

夕方近くになって、自分のためにケーキを買いに行き、
何か美味しいものを作ることにしました。

R_006

011

鳥取に行っている間、外食続きだったのでからだにやさしい野菜食を思いつき、
黒米とキヌア入りの胚芽米でライスサラダを作ることにしました。

大根とにんじんは小さな角切りにしてスナップエンドウと一緒に蒸します。
蒸したゆで汁も捨てずにスープにします。

たまねぎ、セロリを切って、しめじとローリエを加えて煮ます。
仕上げにコショウと塩、スープブイヨンを入れてスープのできあがり。

大根とにんじんは歯ごたえを残して蒸します。ボールに移し、冷凍してあるひよこ豆と
たこを混ぜ、レモン塩をふりかけておきます。
それから炊き上がったご飯を入れ、残り物の赤かぶ漬けをみじん切りにして塩だれ
と仕上げにセロリの葉を刻んで混ぜて、できあがり。

スナップエンドウは半分に切って塩麹で作った
にんじんドレッシングをかけました。

すべて、材料の選択、調味料の分量など、易を占いながら作りました。
その時あるもの、ひらめきで作るがスイカ流。後は易だのみです。
どんな味になるのか、いつもワクワク。

定番になりそうなヘルシーで美味しい食事メニューができましたよ。

ケーキもめったに買わなくなりましたが、今日は特別。
いいお値段なのですが、奮発しました。
近所にできた大人の味のパティスリーです。

好きな音楽を聴きながら、ひとりごはんをゆっくり、楽しみました。

還暦は一巡してまた、スタート地点に立つということ。
あとどのくらいの人生が残されているのか未知ですが、再出発の
舵を取ることにしましょう。

|

« 鳥取県でWen-Do(ウエンドー) | トップページ | いきいきからだほぐしの会ご案内 »

ひとりごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取県でWen-Do(ウエンドー) | トップページ | いきいきからだほぐしの会ご案内 »