« あけましておめでとうございます | トップページ | 湯治 杵築から長湯温泉へ »

2016年1月 2日 (土)

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター

Photo

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」が早稲田松竹で上映されている。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」や「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」の
ビム・ベンダース監督の作品。「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」との二本立てだから
かなりお得。

私は、ル・シネマで観たのだが、去年観たドキュメンタリー映画で一番感動した作品。

原題は The Salt of the Earthだから地の塩だ。
内容からいったら、クリスチャンでもなければよく分からないから一般向けではない。
だが、タイトルの孕んでいる意味を考えるにはぴったりだと思う。

世界的に有名なブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドの足跡を追う
ドキュメンタリーだ。

なぜ、このような写真が撮れるのかという探究心がこの映画を作らせたのだろう。
彼の写真の被写体となった人物たちはどんな悲惨な状況であろうと、神々しいのだ。
厳粛な美しさに圧倒されてしまう。

こんなに悲惨な現実を尊厳に満ちた写真に撮ることができるのは魂を交流させて
いるからだ。それは彼の出自に係わりがある。ブラジルの故郷では地主階級だが、
自然豊かな自給自足で暮らせる村で育った。小作人はいたが貧困はなかった。

夢のような子ども時代と呼べる光に満ちた環境に育ったことが原点にある。

戦乱による大量殺戮、貧困や飢餓で難民となる人々や過酷な労働に生きる
人たちなど、主に社会問題をテーマにしていたが、人間性への絶望に次第に
写真家は病んでいく。

写真のテーマも大地や自然へと物事の起源に変化していく。
大きなゾウガメを撮るシーンでもサルガドは魂を通わせている。

亡命者としてブラジルを離れている間に故郷の農園は旱魃と乱開発で子ども
時代の面影はない。無惨な禿山になっていた。
その森に200万本の植林をし森林を再生させるプロジェクトに取り組み、
森は見事に再生する。ラストシーンは感動的だ。

常に危険と隣り合わせの報道写真家としての職業は息子との関係にも影響を
及ぼす。彼にはダウン症も息子もいて、彼の存在が世界を広げてくれたという。
この映画には長男が父親の映像を撮ることに係わり、和解のドラマにもなっている。

日本人は人間も自然の一部だと思って自然と調和して生きてきたと思うが
時代が変われば、進歩、発展優先の近代化とともに環境破壊はあちこちで
起きている。
地球から見れば、人間の方がよっぽど害毒だと絶望的な気分になるが、まだ、
やれることはあるなと希望を感じることができる映画だった。

写真を通して生きる人間の魂の足跡に出遭うことのできる映画、
オススメです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 湯治 杵築から長湯温泉へ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 湯治 杵築から長湯温泉へ »