« 阿蘇から湯平温泉 | トップページ | 講座日程 »

2016年1月26日 (火)

湯布院から別府鉄輪温泉

Mさんと二泊した三日目は宿から湯布院を周って、別れる予定だった。
彼女は退職後、畑仕事に勤しんでいて、ほおずき栽培で市場に出荷するほどの
腕前だそうだ。
車だからと持ってきてくれた手作りの干し柿、たくあん、ゆずこしょう、生姜の梅酢漬け、佐世保のみかん。

どれも、美味しかった。

自宅の庭には手作りのピザ釜まであって、よく人が集まるらしい。

人柄が気さくで明るいし、さっぱりしていて面倒見もよいから人が集まってくるのは、
よくわかる。びっくりするほどお酒に強い。
私はお酒はあまり飲めないし、社交もあまり好きではない。
一人で自足していられるから、仕事をしていなかったら、すぐに引きこもりに
なりそうだ。

共通なのはお互いシングルだってことと自分の人生を楽しんでいることかな。

私は彼女の佐世保弁がいたく気に入った。
一緒にいる間にイントネーションがうつっちゃたりして、笑いが絶えなかった。
寒いは「すーすーすー」。あなたの分よというのが「とっとっと」。

今日でお別れかと思ったら、正直、ちょっと淋しくなった。

すると、Mさんも同じ気持ちだったのか別府まで送ってくれるというのだ。
嬉しい!

宿を出てから湯布院に向かって、別府行きのバス乗り場を確認してから
湯布院ウオッチングをするつもりだったが・・・。

湯布院は人が多く、噂どおりの観光地だった。069

私の好みには合わず、金鱗湖に車を少し止めて、小休止。
湯布院の喧騒を離れて狭霧台まで車で行った。

 070071072                 

雨乞峠まで行くと狭霧台の展望台も眼下だ。ここからの眺めが湯布院のよさを
味わうならベスト。

次に立ち寄ったのが塚原温泉。けっこう山の中で寒かった。

075               074076
噴煙があがっていて、面白そうと火口見学をした。鉄分の多い酸性度の高い
温泉だ。寒い中を歩いた後の温泉は温かった。こういう温泉に入れるのも
Mさんのお陰。

 

 

078
お昼頃には別府八湯の一つ、明礬(みょうばん)温泉に到着し、湯の花小屋を見学。
岡本屋の売店でコーヒーと有名な地獄蒸しプリンを食べた。

私は二日続けて旅館のコース料理に食傷気味だった。
でも、プリンは美味しかった。カラメルの苦味が素朴なプリンの味を引き立てていた。
Mさんはカレーうどんにおにぎりまで付いた定食を注文したから、胃腸の丈夫な人の
食欲の違いを感じてしまったなあ。

むかしは自慢できるほど、大食いだったんだけどな。そのつけが今か・・・。

そして、いよいよ鉄輪温泉に入る。
Mさんはすいすいと私が泊まるみゆき屋という旅館を見つけてしまった。
方向音痴の私だったら、大変な時間がかかるところだ。

ここで、お別れ。

なんか、しんみりした気持ちになったが、楽しい道連れだった。
私はあいにく、鉄輪周辺を散歩していたのだが、無事帰宅したとの連絡も宿に
入れてくれた。

本当にMさん、ありがとう!
あなたなしには、こんなに充実した旅にならなかったでしょう。

|

« 阿蘇から湯平温泉 | トップページ | 講座日程 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
私・・・・凄く良い人みたいですね(笑)  
互いに気を使わず・・・農作業で、くたびれた体は、朝夕、気功整体で軽くして頂いたからか、お酒も旨かったぁ~ 好きな お酒たくさん飲んでも怒られず(笑)
とても楽しい旅でした。

こんなに良い文章にまとめておられるのを読んで感心・感動です。 楽しい旅だけではなく 内容が濃く (一つも間違いのない説明)  よく勉強されていますね。
本当に旅を楽しむことが出来るのは、その土地の文化や歴史を知ることに始まるのだと思います。

あの日、木曽路の宿で(15分程)お話ししただけの、もと子さんに又このような形で再会する事が出来・・最高でした♪。
きっと私は、知らぬ間に・・・あの日木曽路の宿で・・・ 
もと子さんに 一目ぼれ! してしまってたのでしょう~ね
特に髪型に(ふふふっ)

また~いつの日か、温泉巡りご一緒させて下さい。

 

投稿: Mさんです | 2016年1月27日 (水) 19時38分

コメントありがとうございます!
ブログを書きながら思い出に浸っている感じです。

ホントにいい旅でした。
すっかり、九州が好きになりました。

また、会えることを楽しみにしていますねえ~。

投稿: スイカ | 2016年1月28日 (木) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿蘇から湯平温泉 | トップページ | 講座日程 »