« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

うな丼もどき

1607_013
今日は土用の丑の日。

今夏は猛暑の予報が出ているから、夏バテ防止にうなぎと思い立ったが
絶滅危惧種になっているぐらい、うなぎが取れなくなっているらしい。
そこで、メルマガ記事で配信された動画を真似て、うな丼もどきにトライした。

資源保護のためにと理屈をつけることもないのだが、そんなにうなぎがすごく
好物というわけではない。それより、茄子を材料にうな丼もどきを作ることに興味が
わいた。

ちょうど、茄子が生活クラブから届いていたので、それで材料はOK。
電子レンジも、強力粉もないからあるもので工夫した。

茄子の皮はむいて塩水につけ、強力粉の代わりにかたくり粉をまぶした。
フライパンに油を入れて、長めに焼くだけ。

茄子が油を吸って、いい具合にきつね色になった。
たれはみりんと醤油、そばつゆを合わせて作り、きつね色になった茄子にかけて、
煮詰まる直前に火を止めて出来上がり。

今朝、5時に起きて漬けたにんじんの糠漬け、易のお弟子さんからもらった
きゃべつとバジルの酢漬けにおぼろ豆腐、ピーマンのお浸しで今日のメインの
食事の一丁上がり!

1607_012動画のようにはうなぎには見えないけど、山椒をかけて、
シソの葉を散らしたうな丼もどき、油を吸った茄子が
とろっとして美味しい!

こりゃ、また、食べたくなる。

また、なすを買ってこなくっちゃ。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

都知事選の行方

都知事選の期日前投票に行ってきた。

参議院選挙の結果には落胆したけれど、都知事選も期待はできないなあ。
今、大変な思いをしている沖縄と東北が安倍政権にノーを突きつけた。

その報復といえるような沖縄高江のヘリパット建設に反対している住民に対して
強権的な機動隊導入。あまりに露骨過ぎる。

この国はいったいどうなっていくんだろうと暗澹とした気持ちになっていく。
内田樹さんのブログ記事を読んで、ますます戦争がリアルに思えてきた。

政治のことを考え始めると頭がテンパってくる。

自分にできることは、弱者の視点に立てる人、人権意識の高い人、
都民のニーズに耳を傾けて聞くことのできる人を基準に
自分の頭で考えて一票を投じるぐらいのことしかない。

それにしても、有力候補者3人は以前の知事選と違って、リベラルの鳥越さんが
落ちれば、もう、後がない。

小池さんは改憲・翼賛の戦前的価値観の復活を目指している
日本会議国会議員懇談会の副会長で新しい教科書をつくる会も応援している、
ゴリゴリの右寄り。
増田さんも東電の役員で原子力ムラの一員だ。

腹が立つのはメディア報道。

どの候補者が優勢かと選挙前に報道するのは世論を誘導しているとしか思えない。
結果が予測できると、自分が行かなくてもいいかという気になる人だっているん
だから。

易で都知事選を占ってみたが、自分の占った卦の判断が難しかったので、
お弟子さんの卦で判断してみた。

増田が当選する 坤為地初六
鳥越が当選する 地沢臨初九
小池が当選する 天火同人九四
方針        地沢臨上六

これを見ると方針占で同じ卦が出ている鳥越さんになると弟子のOさんは
判断したけど、こんな実体のない気分的な卦で当選できるのか?
難しそうだなあ。

選挙は勝負だからもっと、厳しい卦でないとふさわしくない。
私の気持ちとしては小池さんにだけはなって欲しくないんだけれど。
同人九四は一陰の卦だがら女性知事にはふさわしいが、
女性だからいいわけじゃない。

坤為地の意味の大地=人民動かない組織票で安定しているのか、以前も知事
をやっているから二度の意味の重卦を得たのか、
投票率が低ければ、当選できるかもしれない。

占的を変えて、

今回の都知事選で女性知事が誕生するように 地沢臨六四
                   誕生しない    水地比六二
                   方針        風天小畜九五

爻が全部女性を指しているではないの。
いやな予感。

どうも、私の政治的心情が入ってしまうので、選挙占は難しい!

選挙結果を心して、待ちましょう。

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

ひさしぶりのカレー

167_008
今日は雨降りで涼しかったので、料理をする気になりました。
ここのところ、お米を口にしていなかったなあ。

さて、何にしようかと材料をチェック。

冷凍室には手羽先が3本残っていた。生活クラブで注文したキャベツが二週も続けて
届いたので、残り野菜のキャベツも入れて、カレーを作ることにしました。

しょうがとニンニクを細かく刻んで、ココナッツオイルに玉ねぎ、にんじん、
手羽先を炒め、野菜ジュースを一缶入れて煮込みます。

167_003

炒めた時にグラムマサラだと思って入れたのがチャイ用のマサラ。
間違えたあ、とサイコロを振って、問題ないようにで山火賁六二
飾る意味の卦でカレーの味には影響なしと判断。
ああ、よかった。

167_004 カレーもナイルレストランのカレー粉と成城石井で買った
カレー粉を適当に混ぜて入れてから、キャベツの刻んだのを入れた。

カレーにはラッキョウ。
易の講座の仲間のSさんにもらったラッキョウ漬けが飴色になって、すごく美味しい。
今年は漬けなかったと聞いて残念。

モロッコいんげんと赤ピーマンをさっと、塩茹でして付け合せに。

ドレッシングも気合を入れて作りました。
玉ねぎの酢漬けと塩麹をミキサーにかけて、蜂蜜を少し垂らして、
ヨーグルトドレッシングのできあがり。

一度にたくさん作ると使いきれないので、玉ねぎと塩麹のドレッシングをベース
にしたものをストックすることにして、ヨーグルト入りは明日の分で終わるだけ
にしました。

167_010
デザートもここのところ、定番になっている
寒天ゼリーの黒蜜かけ。

アイスクリームを乗せるんだけど、今日は涼しいからなし。

春頃から、やたらと寒天を食べてます。

なんだろう、体が欲するのです。粉寒天より棒状の寒天の方が断トツに美味しい。
1本の寒天を三日毎に作って食べて、飽きません。

寒天の原料は天草。食物繊維が豊富で血圧を低下させたり、コレステロールを減らし、
血糖値も下げ、便秘や肥満にも効果があるとか。
一時、ダイエット効果で騒がれたこともありましたねえ。
どれも私には、あまり関係ない気がする。

野菜のすじばった繊維より、寒天の方がつるりと口に入るから部分入れ歯で
歯茎の弱い私には、食べやすいということなのかもしれません
胃腸の弱い私には負担感がなく、満足感があります。

自画自賛ではありますが、野菜ジュースだけで作った残り物カレー、私にしては
甘口でしたが、侮れない美味しさ。

久しぶりに食べたあという気になりました。

同じものを作れと言われても、無理。
一期一会のカレーでした。

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

文京区で女性向け護身術

初めて、自分の住んでいる地域で護身術の講座を開催しました。

東京に住んで長くなるのに、地元とは疎遠気味で暮らしてきました。
安否確認の下心と買い物が面倒くさくなってきて、配達してくれる生活クラブに加入
しました。

そのつながりで知り合いができ、講座の実現となりました。

当日は小学生の母娘さんや、ご高齢の女性まで和気藹々とした雰囲気で
始まりました。

主催者側でぜひ、私に紹介したいという方が以前勤務していた所でお会いしたこと
のある方だったりして、どこかで繋がっているんですね。

講座の後に郵送で送られて感想を紹介します。

・危険な目にあったときに自分ができることをちゃんと知っておく、実践できるように
 練習しておくことで、普段の心構えができている状態が大事だと思いました。

・知識を得たことによる安心感が出ました。

・多くの女性にこの講座を知ってほしい。

・資料がよかった。実技も楽しく有意義でした。 

・声を出すことも防衛術の一つで、相手の力を利用して自分を守れることを知り、
 大変ためになりました。
 

・「いざ」という時の心構えは危険回避だけでなくどんな場面でもいえることだと
 思いました。
 

・実技で見るのとやってみるのとは大違いで、体を動かして、声を出して、と実践する
 ことによって身に付いていく感じを体感できました。

・護身術をこんな風に楽しく学べるとは思っていませんでした。

盛夏の折になりますが、8月7日(日)に3時間のワークショップを開催します。
定員10名です。

一人でも多くの女性に暴力から身を守る方法を体験していただきたいと
思います。

新しい「自分」に出逢う機会になることでしょう。

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

福島へ 土湯温泉地熱発電見学

026

地熱発電ツアーには翌朝の10時半に観光案内所前に集まりました。
申込み時からやりとりをして下さった浅野さんとアシスタント役の女性スタッフが
案内役でした。

メールや電話でのやりとりの段階で、福島に来てくれることは大歓迎という気持ちが
伝わりました。
土湯温泉までの道のりも公共機関を使うより、レンタカーの方が時間のロスが少なく
ドライブしながらを素晴らしい景色を楽しんで欲しいと言われ、お勧め通りにして、
正解でした。

10分ほどのオリエンテーションの後に地熱発電の場所に車で向かいました。

温泉街から二キロ荒川上流に施設はありますが、通常は入れません。
鉄の門扉を開けて、入場です。

2時間近く、自然豊かな川のせせらぎに沿って、見るだけじゃなく、触れて
感じる体験学習ができます。

 

023_2
ユーモアを交えた浅野さんの説明が面白く、会津弁での説明に引き込まれて
しまいました。

3.11の東北大震災後、土湯温泉は大打撃を受けました。
22軒あった旅館が16軒にまで減り、その後も長期休業や廃業に追い込まれました。
目につく廃業した旅館の建物は痛ましい限りでした。

地域の高齢化も進み、高齢化率46%。この危機的状況の起死回生策が再生
可能エネルギーを核とする温泉観光地づくりです。

その経緯についてはこの記事から、ご覧になれます。

         028030_2

もうもうと、地熱が噴出しています。地熱を利用して、とうもろこしを蒸します。
温泉成分に硫黄が強いのでラップをかけます。そのままだと胃腸の弱い人は下痢を
するとか。

036 バイナリー発電のバイナリーは二つのという意味。

水より沸点の低い36℃のノルマンベンタン(揮発性が高く、引火しやすい触媒)を
温泉蒸気で加熱、気化させ、その蒸気でタービンを回して発電。発電した後の
ノルマンベンタンを湧水を使って冷却することによって、再度液体に戻るという
サイクルが繰り返されるということが特徴です。

電気と温泉が利用できるのですから一石二鳥。
湧水として使われているのは頂上ちかくの黒沢で地形上の環境にも恵まれています。

この設備、イスラエル製。国内のメーカーは大型過ぎて、この渓谷の道
には収まらなかったそうです。イスラエルという国は、こんなものまで作っているん
ですね。

理科系に弱いので、この程度の説明しかできません。

039 130度前後の温泉の蒸気に湧水を加えて、適温まで冷却した温泉水を地元の老人ホームや介護施設に供給しています。
ちょうど、来た介護施設のトラック。

042 温室で育てられているミラクルフルーツの木。
まだ、実験段階。酸っぱい味を甘味に変えてしまう作用があります。
食べたのは赤い実。レモンの尖った酸味が消えて、甘味が増しました。

043 『淡水魚と海水魚の両方の魚が住める魔法の水』
としてうなぎとフグの実験養殖施設。未来の食糧危機に備えるために、か!?

見学ツアーのために足浴までできる露天温泉があり、そこで温泉たまごと
とうもろこし、ミラクルフルーツの試食をして終わりました。

追い詰められた状態で誕生した地域の復興策。秘湯に行くと、よく地熱発電の
問題点の書物が目につき、反対運動が起きていることは知っていました。
土湯温泉は小規模なので、環境への影響は少ないことがメリット。

だが、人間のためのエネルギー供給はどんな形でも大規模になれば環境に
負荷をかけるのだと思う。

地域の中で地産地消を目指すエネルギー供給がもっと、広がればいいなあ。

ダイエットを考えてる人は足踏みしながら電気を作ることができるとか、ベランダで
太陽光発電とか、知恵を絞って、便利さに乗っかった身体の退化現象を止めること
はできないか・・・と夢想してしまう。
防災対策にも役立つのではと思うのだが、私の妄想かな。

東鴉川の小水力発電所は去年の3月に発電を開始しました。エネルギーの
地産地消を目指して頑張っている土湯温泉の試みに地域の底力を感じて
感動でした。

福島駅に向かう途中で立ち寄ったくだもの畑の社長さんの話も面白かった。

047店内では果物やら漬物、温泉卵、店内で売られている品物が次からつぎへと飲み物付でサーブされます。試食というより、ご馳走になっている感じだから、から手で帰るお客さんはいないでしょう。

私だって、さくらんぼ一箱買いましたもの。

店内には椅子とテーブルが用意されていて、知らなければカフェかなと思ってしまう。
元銀行員だったという社長さんは、どんどん食べてってというノリで
店内を明るく飛び回っています。

隣接しているジェラードショップは土日には行列ができるほどだという。
若いスタッフも元気に働いてるから、地元の雇用に貢献しているようです。

まあ、やり手なんでしょう。でも嫌味なところがまったくない。
震災時の家庭騒動や福島の果物を売りに全国を回ったそうだ。
その時の体験から「日本も捨てたもんじゃない」と思ったとのこと。
大勢の人が助けてくれたとの話を聞いて、私も嬉しくなりました。

友人から「在来線での緑一色の景色、大内宿へのウオーク、湯野上温泉にしきやの
佇まい、会津若松の漆工芸と街並み、乗り心地のよいプリウスのレンタル、さくらんぼ
のただ食い」に私が手配してくれたお蔭で充実した旅になったとお礼を言われたので
慣れない幹事もどきも無事終わり、帰途に着いたのでした。

福島を訪ねて元気をもらっているのは私の方でしたね。

福島の原発事故だって、まだ収束もしていないのにに風化してきています。
福島を訪ねることによって、そこで生きる人たちに出会うことは、貴重な体験になる
と実感。また、折を見て足を運びましょう。







| | コメント (0)

2016年7月 2日 (土)

福島 会津若松から土湯温泉

009

翌日、会津若松でレンタカーを借りました。

久しぶりの運転でちょっと、ドキドキ。
「アクセルとブレーキはどっちだったけ」なんて言う私に周りの方がもっと、
ハラハラしていたようだけど・・・・・・。

レンタカーはプリウス。
人気の車だとは知りませんでした。易がよかったからチョイスしただけなんですけど、
運転はしやすかった。

最新式の車は、ボタンを押すだけでエンジンがかかる。
最近の車の進化には驚かされます。キーでロックもかけられるし、トンネルに入ると
自動でライトまで点く。ナビをセットすれば道案内もしてくれるのだから。

便利とはいえ、それを使いこなすのに時間がかかるのだ。沖縄では出発するまで
1時間もかかったっけ。

今回はもう一人運転できるHさんが同伴してくれているので心強かった。
最初、ちょっと戸惑ったけど、出発するのに30分はかからなかった?と思う。

ペーパードライバーになりたくないからねえ。
なにしろ、免許取るのに大枚かけたんだから。

まだまだ、運転は大丈夫だと自信がつきました。

続きを読む "福島 会津若松から土湯温泉"

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »