« 岩手県 花巻 | トップページ | 読書会のご案内 »

2016年10月28日 (金)

坂の途中の家

17672
子どもの虐待事件が頻繁に起きている。
その痛ましさにやり切れない思いがする。
仕事柄、児童虐待については研修などで知識としてはあるのだが、
意識的に深刻な支援の場に関わることは避けてきた。

DV家庭で育ったということにも関係しているが、どうしても子どもの
視点で考えてしまうのと同時に虐待する母になるのも紙一重という思いとで引き裂
かれそうになってしまうからだ。

DVの被害者だった母は子どもの私には支配的な母親でもあったわけで、
この母親と格闘することにエネルギーを使ってきたので、自分が子どもを持つ、
母親になるという選択肢は自分の人生にはなかった。

それが自分にとって正しい選択だということに揺らぎはない。

だが、角田光代の『坂の途中の家』を読んで、本の帯にある「最愛の娘を殺した
母親は私かもしれない」という切実感には揺らいだ。

この小説は裁判員制度の補充裁判員に選ばれた専業主婦の主人公が
2歳の娘を殺した母親の裁判の中で、その証言に触れるうちに、自分の娘、
夫、義母、実家の両親、友人との関係を重ねながら自分の傷が露わになり、平穏で
幸せだと思っていた家族への違和感が膨らんでいく話だ。

周囲の目を気にし、我慢して言いたいことを言えずに飲み込んでしまう主人公に
イラつく場面もあるのだが、「正しいあるべき子育て」情報に溢れ、母親だけに過重
な子育ての責任を負わせる社会や環境の中では、誰にでも起きることではないだろうか。
そもそも、母親だけに子育てをさせることに無理があるのだから。

自分だったら、こんな場面にどう対応するのか、と何度も突きつけられる思いがした。

一見、子育てに協力的に見える夫が、無意識に妻を自分より貶めて優位に立とう
とする精神的な虐待(モラル・ハラスメント)の巧妙さ、虐待を疑われた時の不安と
屈辱、自分はダメな母親ではないかという劣等感に苛まれる気持ちに自分が
当事者になったような切迫感に襲われた。

私はこの主人公のように思いっきり、自分を主張し言うことを聞かない子どもを前に
深呼吸をして冷静さを装ってでも対応できるだろうか。

子育てに必要なのは忍耐力かと思わせられるほど、育児の大変さが描写され
ている。

子育ての体験がないのだから本当にはわからないと思う。
でも、身体に響くようなリアルな感覚が伝わってくるのだ。

角田光代の筆力、恐るべし!

強い言い方をしたり、優しく対応できなかった時に、何度も子どもを抱きしめて
謝る主人公の姿に心から「すごいな」と思った。

できる人にとってはなんでもないのだろうが、権威にこだわっている親はなかなか、
子どもに謝れない。

どんなに可愛くても、孤立した中で24時間、子どもの面倒を見ていたら消耗する。

子どもだってしたたかだ。いつも可愛い天使でいるわけじゃない。
そういう自分を思い出した。小学生の低学年だったかもしれない。
母がパートの仕事を見つけて、働きだした時のこと。
できる限り母の邪魔をして、パートの仕事をあきらめさせた。
時には、暴力を振るう嫌いな父の側に立って、夕飯の支度ができていないことを
一緒になじったこともあったっけ。

母はパートの仕事が楽しそうだった。それが、まず私には面白くなかったのだ。
母親が遠くに行ったような気持ちになって寂しかった。

だからといって、母親は子どもが小さいうちは家にいるべきなんて考え方には
加担しませんよ。

母親の立場になったら、私のような娘はさぞかし扱いにくい子どもだったろうなと
今ではわかる。

私はこの小説を読んで子育てしている女性達に心から敬意を払いたい気持ち
になった。

この小説は裁判員制度について考えるのにもいいし、真相は藪の中にも
かかわらず、主人公の今後はあなたの想像力次第というエンディングが読者の
選択に任せられている。

気が付いてしまったあなたはどんな人生の選択をするのかと・・・・。

|

« 岩手県 花巻 | トップページ | 読書会のご案内 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩手県 花巻 | トップページ | 読書会のご案内 »