« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年11月

2016年11月 5日 (土)

クリントンかトランプか?

Photo

8日はアメリカの大統領選挙だ。
アメリカで初めての女性大統領が誕生するだろうか?

嫌われ者同士の闘いとか揶揄されながらアメリカの有権者はどちらに国の舵取りを
任せるのだろう。
アメリカは黄昏ているといっても大国。
権力のトップに誰がなるかで世界は動くのだ。
政治家に過大な期待を持つのはよくないと思っている。所詮、その国の民度に合った
政治家しか持てないような気がするから。

一定の期間、主権者に代わって、権限を付託しているに過ぎないのだから、
ヒーローはいらない。よりましな方を選ぶしかないのが現状かもしれない。
誰の代弁をしているのか、見極め、チェックすることをしないと政治は腐敗する。

なぜヒラリーが嫌われるのかという記事を読んで、なるほどと思った。
アメリカでもやはり、強い女は嫌われる。自信を持って言い切る態度は男だったら
尊敬され、女だと傲慢だと思われる。

まさかのトランプが大統領候補になったことだけでも、私にとっては驚愕だったけど、
日本でも安倍政権がしっかり長期化しそうな気配だから、よその国のことをとやかく
言える立場でなないけど。

それにしてもアメリカ追随でやってきた日本政府は、いったいどうするんだろう。
クリントン政権なら、あまり変化はないかもしれないが、トランプになったら、かなりの
混乱が起きそうだ。

オバマ大統領が誕生する前に黒人と女性とどちらが早く大統領になるか占った
ことがある。
その時は黒人の方が早いと出た。

さて、今回の大統領選挙の結果はいかに?

クリントンが大統領になる  雷山小過上六
トランプがなる         雷沢帰妹六三
方針               沢水困上六

女性大統領が誕生する   火風鼎九二
         だめ      坤為地六三
         方針      水地比九五

易からだとクリントンに決まりそうだが・・・。
それにしても、あやうい卦だ。雷山小過上六では大統領になっても失墜する
だけで茨の道。選挙に上爻は強いからクリントンと判断したけど、相当に国家の
舵取りは困難を極めることになりそう。

女性大統領になるに鼎。外卦☲離、内卦☴巽で女性の象なのと反対占も女性だし、
比の親しむ意味から女性大統領と判断した。

だめにはだめなことが大地のように動かないという判断もあるから難しい。

游魂、帰魂卦は重病占に使う判断だが、雑占では魂がさまよう意味は不安定、
帰魂卦は安定している意味で使う。

易を勉強している身にとっては、小過游魂卦帰妹帰魂卦とどっちが勝負に
強いのかという判断の勉強になるので、結果を待とう。

| | コメント (2)

2016年11月 2日 (水)

読書会のご案内

           Photo_2 Photo_3

護身術の講座で知り合った<子供の未来を語る会>を主宰している小川陽子
さんの誘いで読書会に参加しました。

実は以前から顔見知りだったことが分かったのですが、世間は狭いというべきか、
関心の向く先が同じなので、出逢う確率が高くなるのかもしれません。

前回は加藤陽子著の『それでも日本人は戦争を選んだ』でした。

前回のまとめです。「2report.pdf」をダウンロード

政治学者の東大名誉教授石田雄さんをお迎えしての読書会なので、
好奇心全開で参加しました。
92歳という年齢には驚きましたが、切実な平和への意思と謙虚で誠実なお人柄に
感銘しました。

戦争体験のある方たちがどんどん少なくなり、その実態が若い世代に伝わって
いるとは思えない現在、ささやかながらも中学生から80代の方までが書物を媒介に
感想や意見をやりとりできる場は貴重です。

だいぶ前ですが朝日新聞の声欄に投稿した
安倍首相に「人殺しを命じられる身を考えて」は、話題になりました。
関連記事のインタビューはこちらからご覧になれます。

12月1日(木)10:00~12:00 

文京区向ヶ丘地域活動センター (南北線 東大前下車)
参加費 200円(お茶菓子、資料代)

チラシは こちらです。「12.pdf」をダウンロード

テーマは戦後・憲法・民主主義。
読んだ本の紹介でもOK。
『敗北を抱きしめて上下』を読んでなくても、大丈夫です。
好奇心のみで参加した私でも、また参加したいと思ったのですから、関心があれば
どなたでも、気楽に参加できます。

お問合せ: ≪子供 の未来 を語る会≫小川陽子 bibliosalon@outlook.jp
        Tel:080-1182-8286

続きを読む "読書会のご案内"

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »