« 坂の途中の家 | トップページ | クリントンかトランプか? »

2016年11月 2日 (水)

読書会のご案内

           Photo_2 Photo_3

護身術の講座で知り合った<子供の未来を語る会>を主宰している小川陽子
さんの誘いで読書会に参加しました。

実は以前から顔見知りだったことが分かったのですが、世間は狭いというべきか、
関心の向く先が同じなので、出逢う確率が高くなるのかもしれません。

前回は加藤陽子著の『それでも日本人は戦争を選んだ』でした。

前回のまとめです。「2report.pdf」をダウンロード

政治学者の東大名誉教授石田雄さんをお迎えしての読書会なので、
好奇心全開で参加しました。
92歳という年齢には驚きましたが、切実な平和への意思と謙虚で誠実なお人柄に
感銘しました。

戦争体験のある方たちがどんどん少なくなり、その実態が若い世代に伝わって
いるとは思えない現在、ささやかながらも中学生から80代の方までが書物を媒介に
感想や意見をやりとりできる場は貴重です。

だいぶ前ですが朝日新聞の声欄に投稿した
安倍首相に「人殺しを命じられる身を考えて」は、話題になりました。
関連記事のインタビューはこちらからご覧になれます。

12月1日(木)10:00~12:00 

文京区向ヶ丘地域活動センター (南北線 東大前下車)
参加費 200円(お茶菓子、資料代)

チラシは こちらです。「12.pdf」をダウンロード

テーマは戦後・憲法・民主主義。
読んだ本の紹介でもOK。
『敗北を抱きしめて上下』を読んでなくても、大丈夫です。
好奇心のみで参加した私でも、また参加したいと思ったのですから、関心があれば
どなたでも、気楽に参加できます。

お問合せ: ≪子供 の未来 を語る会≫小川陽子 bibliosalon@outlook.jp
        Tel:080-1182-8286

|

« 坂の途中の家 | トップページ | クリントンかトランプか? »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂の途中の家 | トップページ | クリントンかトランプか? »