« 八国山サイクリング | トップページ | 縮充する日本「参加」が創り出す人口減少社会の希望 »

2017年5月15日 (月)

続き 八国山サイクリング

Photo
この記事を書くにあたって、「となりのトトロ」を久しぶりに観てみた。
うう~ん、いいわ。

いくつになって観ても、胸がキューンとする。
5月の名前を持つさつきとメイは私の中にも確実に存在すると思えるから。
自立と依存のテーマの普遍性をこんなにファンタジックに子どもの目を通して描いて
くれたアニメってきっと、年齢に関係なく心に響く。

越し方を振り返ってみると、私にもトトロ的な人物には人生の通過地点で出逢って
いるなと、思わず笑ってしまった。ホントにトトロ的な体型だったけ。

それにしても、移転と同時に地元の自転車屋で買ったママチャリ。ちょっと後悔。
スポーツ自転車にすればよかった。
長距離だと尾てい骨が痛くなる。

005

易がイマイチだったんだよなあ。
一生乗るつもりで三段ギアの新車を買ったんだから、大事に乗らんといかんのだけれど・・・

朝11時に家を出て、ガイドブック通りに秋津駅から東村山市と所沢市の間を流れる柳瀬川と西武池袋線が交差する場所にある「淵の森」に向かった。

1990年代中頃にここで開発計画が持ち上がった時に、反対運動が起き保全活動
が行われた結果、この森が残ったそうだ。

その時の宮崎監督の石碑が残っていた。20年以上前がどんなだったか分からないが、森は深く育っている。

   001003002

ここまで来るまで、人に尋ねながらであまり地図008
活用できず・・・

所沢街道を渡って川沿いの道をひたすら走る。
田園だった所はほとんど宅地化され、畑が宅地に
囲まれていた。

「となりのトトロ」の七国山病院のモデルになった白十字病院や新山手病院を
通り過ぎて到着した八国山緑地。

004

緑地は丘陵なので、自転車を置いて緑地を歩いた。
散歩しているお年寄りに数人遭っただけの静かな場所。

ここで時間は午後1時近くになっていた。

          006007

東京唯一の国宝がある正福寺に行く前にガイドブックに載っていた野口製麺所で
遅めのランチ。

       009011

筍の時期だから筍うどんがオススメとのこと。筍の天ぷら付で自家製のプリンも
セルフサービスで注文した。

うどんの量は小、中、大とあり、ちょっと多いかなと思ったが中を頼み、待つこと30分。
急いでいる時にはあせるけど、予定のない身にとっては待つ時間もいい時間。

ガイドブックと地図を見ながら帰り道を思案。
ガイドブックの終点は東村山駅だから、清瀬までの自動車の通らない裏道探しだ。
迷ったら、サイコロでナビゲーションだ。

うどんは素朴な味わい。量もふつう。筍は佐世保の友人から送ってもらった筍の
美味しさにはかなわなかったけど、お腹がいっぱいになって、満足、満足。

近くの正福寺は臨済宗建長寺派の禅宗寺院。
地蔵堂が国宝になっている。
ここに安置されている千体地蔵は年に3回だけ公開。

013屋根の反りが見事。

018016

比較的新しい十三石仏と古木のクスの木。

017
蓮の鉢が並んでいた。花の咲く時期にまた再訪したい。
北山公園の花菖蒲も満開でしょう。

初夏を思わせる陽射しの強い日だったが、トトロの森で描かれた風景に思いを
馳せながらサイクリングを満喫した。

|

« 八国山サイクリング | トップページ | 縮充する日本「参加」が創り出す人口減少社会の希望 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449678/70540519

この記事へのトラックバック一覧です: 続き 八国山サイクリング:

« 八国山サイクリング | トップページ | 縮充する日本「参加」が創り出す人口減少社会の希望 »