« 続き 八国山サイクリング | トップページ | ガーデニングもどき »

2017年5月24日 (水)

縮充する日本「参加」が創り出す人口減少社会の希望

Photo
ホームページで見た読書会の案内。
私のアンテナに引っかかったので、清瀬市中央図書館で開催の読書交流会に
参加してみた。

日本社会事業大学社会福祉学部福祉計画学科 菱沼幹男准教授が講師で
テーマの書籍をパワーポイントを使って説明。後半は参加者の自己紹介と
本の感想でかなりの時間をオーバーした。
内容からいって、参加者の発言を入れたら1時間半はきつい。

本の著者も講師も若い。でも参加者は私を含めて高齢者が多かった。
このギャップが現実を表しているようで、ちょっと複雑な気分。

黄昏ていく日本の社会の現実に直面するのは若い人達。
もっと若い人達に参加して欲しいけどねえ。

「縮充」という言葉は初めて聞く言葉。確実に人口が減り税収が少なくなる社会になる
のだから、そういう状況になっても地域がそこそこ幸せだと思える充実した社会の
仕組みを作ろうって内容だ。

著者は、コミュニティ・デザイナーとして地域の課題を地域に住む人たちが解決できる
ようにワークショップを中心とした手法でサポートしながら、デザインの力で成果を
上げてるようだ。

住民が主体で、住民の「参加」なくして「未来」なしと言い切っている。
まちづくり、政治行政、環境、情報、商業、芸術、医療・福祉、教育分野における
「参加」の流れを事例を交えて紹介しているので希望を感じた。
新書としては厚めなのだが、分かりやすい文章なので読みやすい。

本にも書いてあったが日本の公共の認識は「国や自治体が提供するもの」だという。
だから、みんなのことは他人事になりがちだ。
欧米では「わたしたちのもの」という認識で民こそが主体。

出発点からして違うよなあ。おまかせ民主主義でやってきたつけは大きい。

「わたくしごと」を「わたしたちごと」にする公共の概念にするためには
フェミニズムが言ってきた「個人的なことは政治的なこと」にも共通する課題だと思った。

地域の住民がいきいきと幸せに暮らすために地域の支え合い活動が必須だとしたら、
自分が支える地域は、自分を支えてくれる地域だという認識が不可欠だ。

単に行政の補完ではなく、主体的に住民が参加できる仕組みを創り出していく
ことは小さなことから始められる。そういう事例が具体的に紹介されているので、
住民の相互理解も深まるし、自己肯定感も高まる。

地域の活動のためには「楽しく」というのも重要な要素として主張されていたこと
に共感。
使命感や正義感だけではどんな活動もできない私のような人間には希望の書物と
なった。

講師から伺った秋田県藤里町のプラチナバンクの話は面白かった。
白神山地の麓にある自然の豊かな小さな町。だいぶ前だがグループで知り合いの
古民家に行ったことがある。
藤里町では障がい者、デイサービスに通っている高齢者でも意欲があれば支援が
できるように支援するためのシステムを創って地域を元気にしているという。

藤里町の取り組み
tp://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/030700027/090500006/?ST=ppp-print

 

|

« 続き 八国山サイクリング | トップページ | ガーデニングもどき »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続き 八国山サイクリング | トップページ | ガーデニングもどき »