« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月 6日 (火)

風呂場のトラブル

007
六畳の和室に鎮座している浴槽。
越してから初めて風呂に入ったら、浴室の排水溝の周囲が水たまりになった。
上から繋がっているパイプから水漏れしているのかと不安になり、公社のお客様
相談センターにすぐ、連絡した。

ああ、これかと思った。
この場所に決める時に占って、易が今一つよくなかった。何かあるなとは思ったが、
引っ越しの期限はあるし、1階の物件はめったに出ないと思って決めた。

その時の卦が
申し込んでいいように  水火既済九五
やめた方がいいように  地火明夷六二
方針             火天大有初九

水火既済は完成の卦。やめることに傷つく意味が出ているので申し込んでいいと
判断できるが、方針の大有は大いなる所有の意味がある。
既済大有もいいのは一時。最初はいいけど、後になって崩れていく。

大有初九の爻辞
害に交(わた)ることなし。咎あるにあらず。難(なや)むときは咎なし。
象に曰く、大有の初九は、害に交ることなし

害は傷つくことをいうから、風呂場の欠陥、それだけでなく台所の吊り戸棚と
トイレのドアの傷でペンキが剥げている。三つの問題が出た。

退去時には現状復帰の義務を負うので、この状態のままにして
おけば私の責任にされて負担させられるのは心外だ。

早々に連絡して修繕を依頼。

風呂場は水道屋さんがすぐに来てくれた。
原因は水漏れではなくて浴室の床に傾斜がないこと。
排水溝の周囲が高くなっているし、あちこちでこぼこで、下地そのものに問題ありだ。
浴槽の下も水が溜まり、風呂を使った後、ブラシで水を排水溝まで集めて流し、
ぞうきんで何度もふき取る。この作業を毎回、15分近くしなければならない。

引越しの荷物の片付けで右手が腱鞘炎になってしまい、ぞうきんを絞るのが
苦痛になっていたから、この作業で風呂に入る楽しみが苦行になってしまった。
水道屋さんは記録用に写真を撮って、私に同情してくれたけど、公社の方で修繕の
依頼がなければ何もできないと言われた。

この団地の修繕を請け負っている建設会社の担当者は古い建物だから、こんな
もので、どこも同じだとのたまわった。
そして、そのままなしの礫。

安い家賃だから我慢しろということなのか、素人だと思って、こんないい加減な対応
をするのか分からないけど、仕事に誇りを持っていないからだと思って頭に来た。
ここは冷静になって対応を考えた。

易で占ってみたら修繕してもらえそうな卦が出たので、再度お客様センター
に連絡。
でも、易のメッセージは私の納得のいくような修繕は無理だという。
易を確かめるためにも、あきらめずに修繕を頼むしかない。

切々と困っている状況を訴えた。電話に出てくれた女性はいたく共感してくれ、
すぐに状況を改善するように報告してくれると言ってくれた。

それから防水業者が見に来て、水を流して写真を撮り、水道屋さんも撮ったけど
同じことを何度もする意味あるのかね?

また公社に報告して、どういう工事になるか決まったら、連絡するとのこと。
床をはがして下地からやらないといけなくなるから一週間近く浴室使えませんよ
と言われた。

後で聞いたけど、たいていそう言われると風呂がそんなに入れないのはこまると
言って修繕を断念するらしい。

私は一週間の我慢と今後何年住むかわからないけど、こんな状態のままは、
絶対、イヤ!

忍耐強く待って、工事の日取りがようやく5月末に決まった。 

 

続きを読む "風呂場のトラブル"

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ