はじめに

2007年8月22日 (水)

名前の由来

澤 萃花という名前は易占いによって決めました。

易占の仕事にふさわしい名前の卦爻を占的(何を占うのかを占的といいます)にして、

沢地萃の二爻が出ました。

この卦は人の集まる卦です。一生懸命人のために尽くすことで希望が通ります。

二爻は人の引き立てがないと動けないので、私にはふさわしいと思いました。

不思議とこまったときにはいつも、周りの人が助けてくれます。

まあ、いつも大騒ぎするので放っておけないというのがホントのところかもしれませんが。

だから、自ずと人間関係を大切にするようになりました。

財産といえるものはこれしかないかも。

私と出会う人たちのために汗水たらすのも、易者としては本望。

6月、私をかわいがってくれた伯母が亡くなりました。

お寺で伯母の納骨を待っていたかのように一輪だけ蓮の花が咲いていました。

その蓮の花の見事さにちなんで花の字を入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルの由来

一陽来復は易経の中にある卦です。易の占断では通常三陰三陽のバランスを尊びますが、私は一陽の卦が好きです。

何もないところに一陽が兆すことで、荒涼とした大地に草木の芽が生じるイメージ。

もとへ復(かえ)る意味があって穏やかにゆっくり進める強さがあります。

草木の成長はゆっくりと時間がかかります。

せっかちのくせに、人からあおられるのが大の苦手。

自分のペースでこのブログを育てていきたいとの願いから選びました。

このブログを見てくださる方たちとともに、希望の芽を育むことができますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

フェミニスト易占と片山洋次郎さんの気功を「ながら」に学んで10年を超えました。

易と気功に出合わなければ、

うらみつらみのフェミニストで終わったかもしれません。

易と気功を通して感じたことや、

易を通して学んだことをどう日々の生活に役立てているかなどの

情報を書いていきたいと思います。

そして易経が伝えるメッセージを女性の視点で解釈、判断することによって、

女性の多様な生き方をサポートする

私の師匠が提唱しているフェミニスト易占

ともに発展させていくことができればと願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)