占いあれこれ

2016年8月17日 (水)

団地ウオッチング

005

移転探しの情報収集を目的に、二日にわたってネットで見つけた
JKK(東京住宅供給公社)の空き室の内見に行ってきた。

山手線エリアの駅から5分の便利な場所で、信じられないほど安い家賃で暮らして
きた。だから、生き延びてこられたのだとつくづく思う。

今の家賃で住める所といったら、都営住宅か家賃の安い地方に移転するしかない。
湯けむりたなびく別府に住もうと心は、逸ったのだが、まだ期限は1年以上ある。

選択肢は多くあった方がいいから、情報を集めてみることにした。

低所得者向けの都営住宅の応募は年に四回。8月の募集には間に合わず、
次回秋の募集まで待つしかない。
それに応募しても、抽選の倍率が高くて、当たる確率は低い。

常時空き家募集をしているJKKの団地は古いが敷金を家賃の二か月分払えば、
礼金、更新料なしで入居ができる。

低収入の年金暮らしには助かる家賃だ。

占って、よさそうだったのが町田木曽団地、久留米下里団地、久留米西団地だった。

最初に町田に行ってみた。

町田は小田急沿線でなじみがある。駅からバスで20分ほどの場所にある木曽団地。
団地までの道は渋滞するので、かなり時間がかかった。

広大な団地だ。ここに4000人以上の人達が住んでいる。
目指す管理事務所の位置が同じ形の建物ばかりで皆目わからない。

人に聞いてやっと、見つけた。

最初に内見したのは管理事務所近くの防音工事のされている3階、2DKの部屋。
飛行機の騒音があると記載されていたので、どのくらいうるさいのか、通りがかった
女性に聞いてみた。

たまにうるさいことがあるけど、そんなに気にならないと言っていた。でも音に
対しては個人の感覚の違いがあるからなあ。

ちょうど飛行機が飛んできた。かなり低い位置を飛んでいる。
騒音より、事故の方が気になる低さだ。

飛行コース上の建物は防音工事がされていたので、エアコン付だった。

部屋はリフォームされていて、コンパクトできれいだ。
風呂、トイレは別で追い炊きもできる。
モノを減らしてシンプルに暮らすには十分だ。

声をかけた女性は「部屋は狭いけど、単身で年金暮らしには家賃が安いから
助かるの。緑が多くて季節ごとに咲く花もきれいで楽しみなのよ。暮らしやすいわ」
との感想だった。

自治会もしっかりしているし、趣味のサークル活動も盛んで、友人を誘って上下で
住んでいるという。
単身の高齢者が増えていて「おばあさんばっかり」と、言いながら満足度の高い
暮らし方をしているのが感じられた。

団地内はゴミ一つ落ちていないし、ゴミの集積所はきれいに清掃されている。
ただ、団地の高齢化は進んでいるようで、団地内の店はシャッターが下りている
のが目についた。

正直な私の感想としては、陸の孤島にいるような気分になった。
広いのに閉塞感がある。
均質な空間だからかなあ。駅まで出るにもちょっと時間がかかりすぎる。

内見できるのは五か所。団地の地図を片手に番号を確かめながら周るのは
結構時間がかかった。クタクタになって帰って来た。

翌日はあまりなじみのない東久留米市にある団地。

一度、東久留米市の男女平等推進センターに護身術の講座で来たことがあった。
前日の町田で団地生活はちょっと無理かなと思ったので、期待なしに行ってみた。

下里団地に行くのに降りた清瀬駅は初めてだ。
池袋から快速で30分かからない。
バスで11分の距離なのだが、遠回りをしているので自転車だったら、団地まで
直線距離になるから15分ぐらいで着くのではないか。

清瀬駅に降りた時から、なんか懐かしい気がした。
武蔵野の面影が残っている。緑が多い。
バスからはやたらと病院が目につく。団地の周辺も緑だらけだ。
Photo

そいうえば、結核の療養所があったのはこの辺ではないか。
最近読んだドリアン助川の『あん』の舞台となったハンセン氏病の施設、多摩全生園も近く?

易のお弟子さんが貸してくれた本だが、なかなかよかった。
私が生きている感覚にすごく近かったので、ほろっとして共感しながら読んだ。

下里団地は700人以下の住民でこじんまりしている。

管理人も官僚的でなく、感じよかった。
ここで、2件内見した。

後で見に行った久留米西団地は木曽団地ほどではないが2000人近く住む
大きな団地。
団地の真ん中には黒目川のせせらぎがあり、写真に惹かれたのだが、
実際の印象とは違うかな。

やはり、
現地を見にいくのが一番。

私が内見した部屋は布団が干せないと管理事務所で言われた。
なぜ?!と思ったら、下の階の人がうるさくて苦情になるとのことだった。
管理事務所では住人のトラブルには関与しない姿勢らしい。

なんか、変。

でもトラブルになるような所には住みたくないから、事前に知らせてくれることでよし
とするか。
集合住宅は、色々な人が住んでるから、隣近所の人の相性悪いと
最悪。よくよく調べないといけないと実感。

もしかしたら、終の住処になるかもしれないんだから。

今まで見たところで住んでもいいと思ったのは断然、下里団地。
空き部屋のほとんどが4階、5階なのがちょっと問題。
エレベーターがないから加齢とともにきつくなる。
でも、窓からの眺めは気にいった。

018
話によると、3年住めば低層階に空きが出れば(敷金は負担)、
優先的に引っ越すことは可能だと聞いた。

あわてて、決めることはないから、時間をかけて空き家のフォローを続けよう。
なんか、物件を見に行くと、今決めないといけないような煽られた気持ちに
なってしまう。

「移転は来年にしろ」と易の神様が教えてくれているのだから、ここは、気合を入れて
タイミングを計ろう。あせりは禁物!

本当に待つことは気合がいるわ。

帰りは東久留米駅までバスに乗り、遅いランチを駅のベーカリーショップで済ました。

          038039

大きなチーズ入り、カレーパンとごぼうサラダとチキン入りパンを2個も
買ってしまった。

疲れた時に食べたくなるのがカレーだけど、やっとの思いで食べた。
もう一個は食べられずに持ち帰った。

この日は疲れて、夕食を作る気にならなかったので、残りのパンで済ました。
家探しも大変。

修行の場は日常にあると実感した二日間だった。

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

今年の運勢から

今年も残すところ2週間。
夏を過ぎたらあっという間でした。

今年の総括でもしておくかという気になりました。

年運が風火家人九三
健康運が雷天大壮九三
金銭運火沢暌九二
方針沢天夬初九

家人九三は女が家の中でキャッキャッと楽しくしている様。易の世界では女性が
浮かれていてはけじめがつかないと否定的。
フェミニスト易占家としては気にいりませんが、この解釈は調子に乗って楽しみに浮かれているとしまりのない年になりますよということでしょう。

楽しいことに出費がつきもの。
案の定、旅行だけでなく、観劇、映画、パソコンの買い替え、めがね、医療費など
支出の多い年でした。金銭運のはそむく卦ですから出費が多くなります。

家人はほどほどの卦なので、それを守れればいいですが、家庭は色々と問題を抱えているのが普通。
問題が何にからむかというと楽しい一年ではあったのですが、健康に問題が出るなあと予測していた通り、生まれて初めて脳のMRIと胃カメラをやりました。

続きを読む "今年の運勢から"

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

易の世界から

師匠が易を知らない若い人にも簡単に使えるような占いの本を出す事を計画中だ。
やりたい事をやってよいか簡単に分かる易の384卦を基にした図表を作成した。

それを見て、易の世界で積極的にやってよいといえるのはたった13卦しかなかった。
割合にすると約3%ととは・・・驚いた。

続きを読む "易の世界から"

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

易の活用

個人教授で教えているKさんは、易の勉強を始めてまだ1年立ちません。

でも、よく占っています。持参の手帳にはたくさんの占例が書き込んであり、感心です。

私もよく占ってはいたけれど、あちこちに走り書きしてはそのメモをなくし、ノートに
書くようになったら自分のぐちゃぐちゃな字が読めずに困惑。

それで思いついたのはパソコンに占例や日筮を打ち込み、アクセスで管理すること
にして、ようやく散失しなくなりました。

講座の時には、講義する卦を検索して、その卦の占例を印刷しておけるので便利。
パソコンのお陰です。集まった占例がかなりあるので、それが私の財産になっています。

その時、分からなくても記録しておけば残ります。勉強していく内に後で、占った時の
意味が分かることがよくあるので、記録は本当に大事。
易の上達法は結果の出ることを数多く占うことにつきます。

自分の関心のあるテーマについて占うのも、継続していくためによい方法です。

Kさんのブログは、初心者がどんな風に易を活用しているのか書いていますので、
紹介します。自分で本田さんの易の本を読んで考え。判断しています。

私など3年くらい、易の本を読んでも何がなんだかわからなかったような気がします。
実生活が色々と大変だった時期に、易が大いに役立ったので続いてきました。

陰陽のバランスを尊ぶ易の考え方を日常に活かせると、どこかに無理がある物事や
やり方はうまくいかないものだということが納得しやすくなり、こだわりも少なくなります。

今でも、自分の日筮を見るとてバランスのよい三陰三陽が出ている日は、多くても
週に三日あればよい方。まだまだ、修行中です。

不安定を身体で生きている私としては、易のメッセージを少しでも活かしてバランス
を取っていきたい所です。

| | コメント (2)

2010年6月15日 (火)

W杯 初戦日本の勝利

ラジオをつけた時にはすでに試合が始まっていて、なんとなく日本が優勢なのかな
という気がした。

アナウンサーも解説者も日本を応援スタンスで実況中継しているわけだし、
サッカー音痴の私でも日本選手の集中力は伝わってくる。

日本人も世界に通用する力量を持っているんだとと知った。

特別な身体能力を持っているヒーローの個人プレイに依存するより、
サッカーはチームプレイなのだから、日本人が得意とする連携プレイで集合的な力を
発揮する方が向いているのだろう。

カメルーンに勝って欲しいばかりに気持ちを入れて占って、都合よく判断してしまう
という結果になり反省。

勝負占は特に力が拮抗している場合、判断が本当に難しい。

地風升九三は実体ない動きだから、艮為山六二の方が承けているの強さで強い。

迷った時は方針の卦象が似ている方につけるのと方針水山蹇九三は内卦だから
最初に占った方につけるが基本だと納得。

日本が勝利したことで、もうラジオは興奮状態。
なぜか、一挙に冷めてる私。

もともと、勝ち負けに関心がないからかもしれない。

だが、ネットの映像でサッカー選手の首を見て感心してしまった。
今時の若者たちだが、首が太く、しっかりしている。

集中力と落ち着きは首に表れる。

鍛えた体はさすがに違うなあと思いながらも、
90分のドラマ1回だけでもう充分満足な気分です。

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

歯医者さんとの出会い

易の弟子のSさんから朝早く電話がかかってきた。

歯が腫れて痛くて食べられないという。
食べることの好きなSさんにとってはつらい。

痛みに耐えかねて、近所の歯医者に行ったそうだ。
レントゲンだけとって「様子を見ましょう」と言われて、また3日後に行く事になったとのこと。

易をとってみたので判断を相談された。あまりに痛くて、何も食べられないし、このまま
3日待つのはつらいが、3日まで待って同じ歯医者に行った方いいのか、それとも他の
歯医者にした方がいいのかというのが相談の内容。

易の判断以前に、思わず「それ、ヤブ医者っ!」と言ってしまった。

レントゲンを撮れば虫歯はすぐ分かるし、歯茎が腫れていれば歯茎を一目見れば
分かる。
原因も分からず、どういう治療をするかの説明もなしにまた3日後に来てくれなんて
私の経験からは考えられない。

案の定、易の卦もよくなかったので、ちょっと遠方だが私が信頼しているかかりつけ
の歯医者さんを紹介した。
私にとってよい歯医者でも相性があるので、彼女によいかは分からない。
一応私もサイコロを振り、問題ないので連絡先を教えた。

ちょうど翌日易の講座があるので結果報告を楽しみにしていた。

続きを読む "歯医者さんとの出会い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

ブックカバーと筮竹入れ

師匠の手作りのブックカバーがステキなので、思わず「私も欲しい!」とねだって
しまいました。

生地を買ってきたら作ってあげると言われたので、ハギレ探しにあちこち周りまし
たが、探している時はなかなか見つからないようです。

ネットで検索してサイコロを振りながら、カーテン生地のハギレを注文したのに、
師匠が買った大久保通りのインテリア商品の店でまた、ハギレを買い込み、
生地の山。

こういう買い物の仕方、子どもの時から変らない。
一つだけで納まらないのは、体癖のせいか?
体癖のせいなら、広げることが好きな10種のせいにしてしまおうっと。

自分で作れるわけでもないのに、どうしてこう買い込むのか自分でも謎。

この生地で作ったらこういうイメージとか想像するのが楽しいみたいで、
師匠からは、「もう、病気」と呆れられました。

思ったより早く、ぼろぼろになってしまった易の本3冊用に小辞典用、
文庫本用、単行本用のブックカバーと筮竹入れまで作ってくれました。

手際のよさに驚きです。自分が作ったわけではないのに、お弟子さんやら、
周囲に見せまわり大騒ぎです。

Dscn0573   Dscn0571_2

Dscn0576

筮竹入れも豪華で大満足。

時々、辛らつな事を言われるけれど、やさしい師匠です。
私なんか、自分のためにはやっても人のために縫い物
なんて考えられません。

料理なら喜んで気が向いたらやれるけど。

得手不得手があるから、仕方ありませんね。

残ったハギレでコースターでも作るかと思ってテーブルの
上に置いたまま手付かずです。

「房だけ作ればいいんだから簡単でしょ」と言われても、
私のイメージは裏表使える隅をしっかり縫った形なんだけれどなあ。

いったい、どういうことになることやら・・・。

続きを読む "ブックカバーと筮竹入れ"

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

次なるハプニングとは?

腫れた歯茎がちっともよくならないので、歯医者さんに行ってきました。
レーザー治療で楽になりやれやれです。

のどに詰まった時の苦しさというのはどこか身体に残っているような感じで、
胸のあたりがすごく敏感になっています。

まあ、こういう感覚が残っているくらいの方が暴走しなくていいかと自分に言い
聞かせているのですが・・・。

自転車で行った柴又の御神水を8日間飲み続け、早稲田にある穴八幡まで
一陽来復のお札をもらいに行ったり、もうひとつネットで見つけた大福地蔵の画像を
印刷して壁に貼るなど三つの事を験かつぎにやりました。

どいうわけか、三とという数字が好きです。
三つでバランスが取れる気がしています。

もちろん、私のことだから易で占って悪くないから、やってみる気になったのですが。

一陽来復のお札があるなんて、ブログのタイトルと同じだから親近感がわきます。

冬至、大晦日、節分のいずれかの吉方向にお札を貼るとよいそうです。

神仏にお願い事というのはあまり好みじゃないのだけれど、自分自身を安定させる
ためにありかなと思ったのです。

そうしたら、いい事も悪い事も同時にドーンと来ました。

続きを読む "次なるハプニングとは?"

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

スイカ死にかける!?

昨日はハプニングが続きました。

去年友人に紹介されて大豆トラストの会員になり、専業農家のみやもと山に大豆の
脱穀のお手伝いに行ってきました。

投げ銭ライブのイベントもあるので楽しそうと、自転車ツアーの疲れで歯茎が腫れて
いるのも省みず、待ち合わせの八日市場駅に9時45分に到着するために7時半前に
家を出ました。

日曜は仕事が入っている事が多いので、なかなかお誘いを受けても行けませんでした。
昨日は空いていたし、易もよかったのでルンルン気分。

みやもと山のふみ子さんから占いのお願いメールをいただいたので、
易の道具持参です。

風もなく、穏やかな日、去年の脱穀はホコリまみれになりました。
今回は別の作業です。

今年は収穫時に雨に降られ、大豆の乾燥がイマイチとの事。
収量も少ないそうです。

脱穀機に干した大豆をかけても、乾いていない大豆や枝がひっかかり、
大豆をよりわける作業が必要になってしまいました。

詳しい状況と経過、食事の様子、ライブなどは池さんのブログで紹介されています。

私はビニールシートの上で、船橋から来たという4人のお子さんをお持ちの方と
一緒により分け作業に従事しました。

私と同じようにくりくり坊主頭の男の子に親近感がわき、楽しく作業。

子どもたちより早くお腹がすいて根をあげ、お昼はまだかなあというところで
1時近くになっていました。

ここまでは、問題なかったんだけど・・・。

続きを読む "スイカ死にかける!?"

| | コメント (8)

2009年12月21日 (月)

冬至

今日は冬至。

夜の一番長い日で「一番死に近い日」だから厄除けのために身体を温め、
無病息災を願ったそうです。それで柚子湯にかぼちゃなのかと納得。

かぼちゃは大好きだから、しょっちゅう食べているのであらためてこの日という
気分にはなりませんが、昔は粗食でビタミンを補うのには最適な食材だったの
でしょう。

陰が極まれば、陽に反転してゆっくり伸びていくのが私のブログのタイトルの
一陽来復。陰が最大限に極まった日が冬至で「一番死に近い日」というのは
私には魅力的に思えます。

生きていながら、死に近い日を体験できるなんて・・・。

むかしも死は忌み嫌われたようだけど、生の中に死は含まれているのは自然の
摂理ってもんです。人は死ぬ時は死ぬんだから。

それに死って究極の癒しかもしれない。
そうは言っても、生まれてくる時にも産道を通る苦しみがあるのと同じように
死んでいくのも多少の苦しみはあるみたいなので、そのくらいの忍耐力は必要
かもしれません。
本音を言えば、忍耐力がないので苦しまないで死ぬことを祈るばかり。

きっと今日は心静かにしていた方がよさそうな気がするけど、朝から年賀状の
宛名印刷で四苦八苦。
夕方には易の講座に出かけなかなければいけないので、終らせたいと必死でした。
やっぱり死に近い体験か?

続きを読む "冬至"

| | コメント (0)