体癖

2009年10月30日 (金)

鳩山首相 所信表明演説

ラジオで鳩山首相の所信表明演説を聞きました。

民主党政権になってから、政治の風景が変りましたね。
自分の言葉で語る政治家がようやく日本にも現れたのだなと感じます。

自民党政権の時のような何を言っているんだか分からない煙に巻くような
官僚答弁がなくなったので、国会中継もおもしろくなりました。
つい、聞き耳を立ててしまいます。

あまりに自民党政治がひどすぎましたからねえ。
問題は山積みですが、来年の参議院選挙までは気を抜かないで全力投球で
やっていくでしょう。
しばらくは見守るしかなさそうです。

鳩山兄弟の体癖は8種系。首相が1種・8種。弟の鳩山邦夫の方が8種が強いので
見た目がこわそうだし、存在感があります。

自民党の総務相辞任劇の際、日本郵政の西川元社長との対立に正義を持ち
出して戦った姿が印象に残っています。
正義にこだわったら、この体癖は直球を投げるし、周囲がどう言おうと確信犯的
に自分の意思を貫き通します。自分がやらなくて誰がやるってなもんでしょう。
人のやりたがらないことをやって発散しますから。

首相の方は1種が混じっているので、8種系でも弟よりはずっと明るい感じ。
存在感も弟よりは軽く見えます。

しかも、「弱者」を尊重する友愛政治を掲げ、理想主義的な方向で舵取りをして
いく姿勢はまさに1種・8種のノリです。

鳩山首相のパートナーは元宝塚出身。
10種系の華がありますね。

組み合わせとしてはとてもよい相性。10種8種に対して保護者的だし、
10種から見ると1種の論理的な思考は補完的に働きます。

夫の後に一歩下がってみたいな歴代の首相の妻とは違って、
対等なパートナーシップを築いているようで好感を持ちます。

日本の首相にも絵になるカップルが生まれて、ここにも時代の変化を感じます。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

「母を語る」 上野千鶴子

ラジオ深夜便で「母を語る」に東大大学院教授の上野千鶴子が出ていた。

寝入りばなだったのだが、聞き入ってしまった。

なんと、理路整然とした語り口だろう。

彼女の発言は時に大きな論争を巻き起こすが、本人にとっては望む所では
ないだろうか。

体癖からいうと1種10種に見える。
物事をラディカルに追求していき、エネルギーを言葉にして論理化することで
発散する(1種)から、論争は自分が主役になれる表舞台(10種)だ。

講演会にも何度か行き、東大のジェンダー・コッロキアムというシンポジウムで
以前勤務していた会社の月刊誌を販売しに行ったことがある。

気さくな人だった。

彼女の本はよく読む。ぐちゃぐちゃになって、からまった糸を色別にほどいて、
「からまっていたのはこれでしょ」と示してくれる明快さが小気味よいから、つい
読みたくなる。

若い時、俳句を作っていたことがあると聞いて、読んだときには鮮烈な印象があった。
言葉をぎりぎりにそぎ落とした世界で切り取られた言葉のモザイクに論理では
掬いとれない感覚的世界が見えた。

こういう感受性も持っているのかと、感嘆した。

ラジオにもどると、開業医の長女(3人兄弟の真ん中)で、父親に溺愛される
娘として過保護、過干渉で育ったという。

続きを読む "「母を語る」 上野千鶴子"

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

八ヶ岳で草木染め

待ちかねていた八ヶ岳のログペンション木布風で草木染めと機織りを
体験してきました。

不器用で大雑把な私が果たして完成品を手にすることができるのか、
心配でしたが予想を超えて、なかなかのものが出来上がりました。
(自己満足ですが)

むかしから、織りと陶芸はやってみたいなと思っていたのですが、なかなか
チャンスにめぐり合えなかったというより、その気にならなかったのでしょう。

八ヶ岳のこの場所だからということでやる気になったようです。
6種体癖の私には非日常の中でするというのが動機付けになるみたい。

専心寺のレギュラーメンバーで、7月の八ヶ岳のワークショップにも参加した
Mさんと二人で伺いました。

Mさんは手まりと洋裁を趣味にしているとても手先の器用な人です。
  Dscn0403_4

こういうものを作ってしまう人なのです。
不器用な私にとっては頼りになる存在。

Mさんは8、9種の体癖。ペンションのオーナー夫妻は、
夫さんの方が私から見ると1種・9種で妻がねじり系7種・10種
私が6・8・10種でなんとテンションの高い濃密な人たちが集まりました。

夫さんを先生に午後から草木染にチャレンジです。

続きを読む "八ヶ岳で草木染め"

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

片山さんのワークショップから

昨日は月に一度の片山さんのワークショップだった。

メンバーは固定で6名だが、昨日はメンバーの一人が休みで代わりの人が来た。

導入の瞑想した後、ペアになって気を通すのだが、片山さんは参加者を見て6人中
4名が8種系体癖なので、どうしようかと思案気味。

もちろん、私もその4名の中のひとりです。

8種系同士の組み合わせだと、今の時期腎臓にこもりやすいため、反応が強くなり
暑苦しくなる。人によっては、せきが止まらなくなったりするそうだ。

そこで、8種系同士が組み合わさらないように3種系の2名とペアになり、4名の中で
一番8種の濃度が薄い私が同じ体癖でペアになった。

8種というのはどうしても意識が中心に向かってしまう。リラックスできるように体の
姿勢を斜め左側に向けるのだが、向けた方向の中心に意識が向かってしまいがちだ。

そうすると、どうなるか。

続きを読む "片山さんのワークショップから"

| | コメント (2)

2009年2月27日 (金)

ギャル革命

ギャル革命という本を出版し、歌手でもあり10代で起業した藤田志穂という
若い女性というより、いまどきのギャルのインタビューをラジオで聴いた。

声のトーンが落ち着いているので、安心して聞けました。

どうも、自分もテンションが高いせいか、ボルテージの高い早口系のしゃべり方の
人は苦手です。

ネットで写真を見ると、ねじり系8種です。やっぱりと納得。どうも私のアンテナ
にひっかかるのはことごとくねじり系が多いですねえ。

モデルもやっているようだし、10種も入っていそうです。
ガングロ系の女の子たちはほとんど8種系。

ファッションも奇抜です。

ギャルに対する偏見を打ち破るという威勢のよいメッセージだが、やっていることは
かなり真面目。
エコやエイズ防止などギャルへの偏見を打倒すべく活動しているとの事。

最近は食と農に関心があり、ギャルが農業をやってもオシャレで楽しいということを
色々考えているようです。

ギャルもなかなかやるじゃないとエールを送りたくなりました。

続きを読む "ギャル革命"

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

ヴイルヘルム・ハンマースホイ展

昨日、上野の西洋美術館で開催されている、ヴィルヘルム・ハンマースホイ展
行ってきました。

展覧会の後には、根岸のレストランでランチをしようということになり師匠と友人の
Mさん、女3人で午前中に待ち合わせました。

遊びというと早起きができるのは、どういうわけでしょう。普段、夜更かしで毎朝
起きるのが遅いことが多いのに、なんとゲンキン!

平日なのに、混んでいました。新日曜美術館で紹介されたということなので、
その影響もありそうです。

どうも、人込みの中で絵を見るのは苦手。絵画の世界だけでなく、会場の雰囲気
にも影響されるせいでしょう。情報が過剰になるとすぐ疲れます。

いずれにしろ、ボーッと見ている方が性に合っています。接近して見ている人たち
を遠巻きに、鑑賞しました。

まったく、知らない画家でした。
スイカ流独断ですが、デンマークで生まれた19世紀の「天才引きこもり系画家」だ
という気がしました。

ある限られた場所、数少ない親しい人物、風景のどれもが、モノトーンに近い色彩
で描かれています。独特なグレーの色調と描かれている事物との間の距離感に
引き込まれます。

画家の心象風景が絵筆によって描かれている世界は、透徹したまなざしと深さを
たたえています。静かで、人間が本質的に持っている孤独感を感情を交えずに
感覚で描いている感じです。

アメリカの画家アンドリュー・ワイエスをちょっと思い出しました。
ワイエスの世界には、荒々しさやエロティシズムを感じますが、まったく異質です。

続きを読む "ヴイルヘルム・ハンマースホイ展"

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

俳優 緒形拳

先月、 緒形拳が亡くなった。

好きな俳優だったから、亡くなったとのニュースには驚いた。

若い頃、南伊豆を徒歩で旅行したことがある。岩地温泉の民宿に泊った。

たまたま、その民宿が緒形拳が映画のロケで宿泊した所だった。
彼の暑中見舞いの葉書や年賀状が壁に飾ってあり、
その書体に惹き付けられた。

一言でいうと、飄々とした味わいのある字。
書家としても活躍していたらしい。

私は自分が悪筆なので、字が上手な人はうらやましい。

たまたま、その頃新聞のインタビュー記事も読み、内容は忘れてしまったが、
おそらく、生い立ちや役者としての心意気に感銘したのだろう。

一度、横浜のポルタを歩いているのを見かけたことがある。
地味な感じだったのが、以外だった。

この人の体癖が8種・10種だ。

続きを読む "俳優 緒形拳"

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

遅鈍体質

過敏体質とは正反対が体癖12種遅鈍体質になります。
この体質の人というのは、片山さんの治療にはほとんど来ないそうです。

敏感な人と違って、無病息災。丈夫です。こういう体質の人は整体など必要と
感じないのでしょう。私の周りにもいないので、イメージがしにくいところがあります。

遅鈍というと、鈍感なイメージで言葉が悪い気もしますが・・・。

敏感でしょっちゅう具合が悪くなりやすい人から見ると、うらやましくも思えますが、
無理がきくので病気になったときには大病になってしまい、手遅れになりやすい。

気的な反応としても、過敏体質だと、あっという間に反応します。

すぐに発散するので涼しくなりますが、遅鈍体質はなかなか反応が響いてこない。
反応が出るまでに時間がかかり、反応が出ると大きく響き始めるとのことです。

心理的な反応として、聞いた話があります。

続きを読む "遅鈍体質"

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

続- 過敏体質とは?

また、また遅れてしまいました。
秋の夜長に物思いにふけっていると、つい食べ過ぎてしまいます。
寒さに弱い私は、この時期、要注意です。

甘いものやコーヒー、炭水化物をもう少し減らさないとと思いつつ、
止められません。糖尿病にはなりたくないなと、
毎朝、体操だけはしているのですが・・・。
過食は人生の同伴者だと思って、つきあっていくしかないようです。

さて、過敏体質が人間関係の面でどんな特徴が表れるか挙げてみます。

・知らない人に声をかけられやすい。・人に道を聞かれやすいが、
人に道を教えるのは苦手で詳しく説明しようとするほど、わかりにくくなる。
・年齢が離れている方がつきあいやすいので、子どもや老人が相手だと楽。
・集団の中にいると浮いている気がする。特に、集団の秩序や序列が飲み込めない。
・頼りにされると重荷になるのに、相談をされやすい。
・人の気分を感じやすい。
・動物や人の面倒を見るのは面倒で重荷になり疲れやすい。
・密着した人間関係が苦手で、結婚相手でも別に暮らしたい。
・人に文句を言われたり、説教されやすい。
・思春期には落ち着いて見られるが年齢より若く見える。
・無視されやすい。
・人に言う事をきかせられない。
・言葉にインパクトがなく無視されやすいが、潜在意識には響き安いので他者の
  無意識に取り込まれやすい。
・自分の考えをうまく説明できない。本当に言いたい事ほど理解されにくく、熱心
  に説明するほどわかってもらえない。

以上のような過敏な人の特徴は、現代の若者たちの時代の気分、人間関係の
距離の取り方にもあてはまる様な気がします。過敏でないと持たない、
やっていけないと感じる現実があるということでしょう。

ある、若いカップルの話を聞いたことがあります。

続きを読む "続- 過敏体質とは?"

| | コメント (3)

2008年10月 7日 (火)

過敏体質 エトセトラ

易占鑑定をしていると、ブログから体癖に関心を持って見える方が増えました。

自分が過敏体質にあてはまる項目が多いので、
そう思ってしまうことが多いようです。

片山さんが言っているように、情報のスピード、情報量も加速度的な時代が
影響しているのでしょう。
過敏にならざるを得ない身体のありようというのが一般に増えているの
かもしれません。

人間関係もまともに付き合っていたら疲れるし、物事や人に対して自分にとって
楽な距離感をとり、自在に受け流すというあり方、はやりの言葉で言うと脱力系
的対応が必要なようです。

地球環境の悪化が深刻化しているにもかかわらず、経済的な成長神話は
まだまだ幅をきかせ、競争をあおられた身体は無理をすれば病んでいきます。

経済的な事はよくわかりませんが、アメリカに端を発した金融システムの
破綻を聞くと、人間が創ったシステムがもはやコントロール不能で、システム
そのものに飲み込まれ溺れそうになるイメージが湧いてきたりします。

あまり、こういうことを考えているとモードが悲観的になるので止めます。

過敏体質の話にもどります。



続きを読む "過敏体質 エトセトラ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧